サッカーコーディネーション

サッカー上達のコツ

サッカーが上手くなりたい!

 

小学生から大人まで、サッカーの魅力を知ってしまった人は
みんなそう思います。

 

サッカーは楽しいスポーツです。特にゲームが一番楽しいです。

 

でも、サッカーが上手くなるってどういう事でしょうか。
ドリブルが上手い、シュートが正確、パスが正確、トラップが上手い・・・

 

ボール扱いが上手い人はサッカーが上手に見えますね。
では、ボール扱いが上手になるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

ボールをたくさん触れば上手くなる

 

例えばリフティングですね。100回は出来るようになって欲しいものです。
小学生でも、大人でも。

 

それから、ドリブル、パス、トラップなど、反復練習で上達します。

 

 

リフティングが上手なのに試合に出られない

リフティングが1000回できても試合に出られない

 

ある小学生6年生です。リフティングが得意で1000回出来ます。
でも、試合になるとなかなか出番が回ってきません。

 

 

たまに試合に出してもらうと、コーチに「動きが悪い!」と言われます。

 

皆さんや皆さんの仲間にもいませんか?ボール扱いが上手なのに
試合で活躍できないって人。

 

 

サッカーの動き方が分からない

 

サッカーは自由なスポーツです。
自由なスポーツなので、パスやドリブルは自分で判断しなければいけません。

 

サッカーの動きとは、判断することです。

 

判断のためには「見ること」が必要です。

見ること動きをトレーニングする

サッカーで大切なことはまわりを見ること

 

プレー中に顔をあげると何が見えるでしょうか。

 

  • ボール
  • ゴール
  • 相手
  • 味方
  • スペース

 

 

この5つを見ることが大切です。
これらを見て、判断して動くことが「サッカーの動き」です。

コーディネーショントレーニングとは

見ること判断すること動きを結びつける

 

見て、判断して、動く。これがスムーズに出来るようになると
「動きがいい」と言われるようになります。

 

コーディネーショントレーニングというトレーニング方法があります。

 

見る、判断する、動くという一連のプレーは「脳や神経」を発達させると
スムーズになります。

 

コーディネーショントレーニングは野球やバスケットボール他、いろいろな分野で
利用されている練習方法です。

 

コーディネーショントレーニングはよいトレーニング方法ですが、効果がでるまで
時間がかかること、サッカーの試合とトレーニングが結びつかないという
課題がありました。

サッカーのためのコーディネーショントレーニング

実戦に使えるコーディネーショントレーニングとは

 

試合の動きをよくするためのコーディネーショントレーニング方法は無いものか・・

 

ヨーロッパや南米で当たり前に行われているコーディネーショントレーニングを
日本のジュニアや大人のサッカープレーヤーに取り入れたい!

 

 

名古屋グランパスの喜熨斗勝史フィジカルコーチが、サッカー上達のための
コーディネーショントレーニング法を研究、開発して、ついに発表しました。

 

 

サッカー選手/フットサル選手のためのSPEED・AGILITY・COORDINATION トレーニング
というものです。

 

スピード・アジリティ・コーディネーショントレーニングのトレーニングメニューが満載です。

 

しかし、このDVDはすでに販売停止になってしまいました。

 

サッカーのコーディネショーントレーニングに役立つものを探していたところ
ボールリフティングやドリブルを通して動き作り、コーディネーショントレーニングが出来るメソッドを発見しました。

 

さっそくDVDを取り寄せ、観て、練習に応用してみました。

 

この方法ならボール扱いと同時にコーディネーショントレーニングが出来る!