コーディネーショントレーニング サッカー上達法

7つの基本トレーニング

サッカーのコーディネーショントレーニング方法には7つの基本トレーニングがあります。

 

  1. 定位トレーニング
  2. 変換能力
  3. リズムトレーニング
  4. 反応トレーニング
  5. バランストレーニング
  6. 連結・識別トレーニング
  7. コーディネーションサーキット

 

言葉では難しそうですが、トレーニング内容はとてもシンプルです。
それぞれのトレーニング方法は、サッカーでの動き作りに必要な内容となっています。

 

7つの基本トレーニング記事一覧

パスを成功させるための定位トレーニングサッカー上達のためのコーディネーショントレーニングの中から定位トレーニングについて紹介します。定位トレーニングとは、自分と味方とボール、または自分と味方と相手とボールという組み合わせのトレーニングになります。動いている味方にパスを出す。この時、味方の走るスピードに合わせてボールを蹴る強さを調節する必要があります。動きならがパスをもらう。この時、ボールのスピード...

サッカーはステップワークの連続ですサッカーセンスを磨く、サッカーの動きを良くするためには動きそのものを正確に速くする必要があります。サッカーの動きとは、ステップワークです。前へ素早く走る、ストップする、サイドステップ、クロスステップ・・・このような、身体の動き、向きを変えることを変換能力と言います。小学生のサッカー、中学生のサッカーでデフェンスがボールを持った相手に対応する場面があります。相手の動...

タイミングを外すためのリズムトレーニングサッカー上達のためのコーディネーショントレーニングの中からリズムトレーニングについて紹介します。サッカーにおけるリズムとは、個人のリズム、グループのリズムがありますがここでは、個人のリズムについてトレーニングします。一定のリズムでドリブルが出来ること、その次のステップにリズムを崩して、相手に奪われないプレーをすることができます。そのためには、まず一定のリズム...

サッカーのコーディネーショントレーニングで基本となる内容のひとつ、反応トレーニングです。反応とは目で見たものに対して素早く的確な反応が出来るようにするものです。相手への反応反応トレーニングの効果があるのは、ディフェンス能力ではないでしょうか。相手の動き、ボールの動きに対してパスコースを切ることや、ボールが動き出す瞬間を狙って奪いに行くことなど、相手の動きを観ることはとても大切なことです。ボールへの...

サッカーはバランスのスポーツサッカーでは3つのBが大切と言われます。ボール ball ブレイン brainそして、ボディバランス balanceバランスをトレーニングすることで、トラップ、キックが安定し、1対1の対応も安定するようになっていきます。サッカーは片足で立って、ボールを片足で扱うスポーツです。ボールを扱うだけでも大変ですが、その軸足となる片足バランスをしっかりと取れるようになることが、ト...

連結・識別トレーニングとは連結・識別トレーニングとはこれまでの基本トレーニングと違い耳慣れない言葉ではないでしょうか。腕、脚、全身の動きを連結させていくトレーニングと、自分の動きを識別していくことがこのトレーニングの目的です。サッカーでは、腕と脚がまったくバラバラの動きとなる場面が多いですよね。トラップの時、腕はどう使えばいいのか、キックの時、腕はどう使えばよいのか。全身でプレーするのですが、脚だ...

コーディネーションサーキットで仕上げのトレーニング定位トレーニング、変換能力トレーニング、リズムトレーニング、反応トレーニングバランストレーニング、連結・識別トレーニングの6つのトレーニングメニューをコーチがいなくても、マーカーやコーンなどのトレーニンググッズを用いることで行うことが出来ます。コーディネーショントレーニングでは正確な動きが一番重要ですが、正確な動きをするためにはある程度の筋力や心肺...