コーディネーショントレーニング サッカー上達法

変換能力を鍛えよう

サッカーはステップワークの連続です

 

サッカーセンスを磨く、サッカーの動きを良くするためには
動きそのものを正確に速くする必要があります。

 

サッカーの動きとは、ステップワークです。

 

前へ素早く走る、ストップする、サイドステップ、クロスステップ・・・
このような、身体の動き、向きを変えることを変換能力と言います。

 

小学生のサッカー、中学生のサッカーでデフェンスがボールを持った相手に対応する場面があります。

 

相手の動きに合わせてバックステップを踏みながら
相手の足からボールが離れる瞬間を狙います。ボールを奪うためです。

 

サッカーのコーディネーショントレーニングは目で見えることと体の動きをあわせることです。

 

相手との距離を保ちながらステップすること、体を入れることなど、タイミングよく体を
動かす基本はステップワークと言えます。

 

 

 

 

サッカーのステップワークの特徴

見て、判断して、ステップワークする

 

喜熨斗コーチの変換能力トレーニングの特徴は、すべての動きにおいて
「判断」を組み込んでいることです。

 

ラダートレーニングやコーンスラロームは、動き作りのトレーニングとしては
よく取り入れられています。

 

そこに、「見て、判断して、ステップを変える」という要素を取り入れることで
より実戦に役立つトレーニングになります。

 

サッカーの「走り」は、陸上競技の走りとは違うという事ですね。

 

デフェンス力もアップする変換能力

デフェンス能力をアップするために必要な変換能力

 

ボールを持っている相手からボールを奪う動きや
抜かれないようにする動き。

 

これらの動きは、相手を見て、ボールを見て、ステップを判断します。

 

喜熨斗コーチの変換能力トレーニングは、攻撃だけでなく
デフェンス能力もアップするメニューになっています。

 

相手との間合いを取る動き

 

この動きが出来る選手は、いい動き、うまい!と言われます。

 

 

 

変換能力トレーニング関連エントリー

定位トレーニング
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。
リズムトレーニング
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。
反応トレーニング
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。
バランストレーニング
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。
連結・識別トレーニング
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。
コーディネーションサーキット
サッカー上達のコツはコーディネーショントレーニングにあります。喜熨斗勝史氏のサッカー上達コーディネーション法を紹介します。